ChangeLog


バージョントピック
0.8.1入力のステレオチャンネルを個々にパンできるようミキサースイッチを追加
0.8.0メイン出力デバイスに指定無し(N/A)を選択できるよう変更
0.8.0出力デバイスのサンプルレートに44100Hz以外のデバイスも選択できるよう変更
0.8.0エンコーディングサンプルレートに48000Hzから96000Hzまで計4段階を追加
0.8.0システム内部サンプルレートを指定できるよう変更
0.7.5エンコーディングのフォーマットにAACを追加 (Core Audio AAC Codec)
0.7.5エンコーディングのサンプルレートを3段階から8段階に変更
0.7.5エンコーディングのクオリティレベルを10段階から11段階に変更
0.7.4入出力ボリュームのフェーダーカーブを変更し、-∞dBおよび0dBの位置に長線目盛を追加
0.7.3接続データフィールドのいずれかに空欄があると接続できないバグを修正
0.7.2エンコーディングサンプルレート、チャンネル数をサーバへ送信するよう追加
0.7.2デバイス無効時の処理を改善
0.7.1ネットワーク通信回復処理のバグを修正
0.7.1説明フィールドの値としてジャンルの値を送信していたバグを修正
0.7.0スルー機能を廃止
0.7.0ミキサーにAux出力機能を追加し、3イン/2アウト/2バス構成に変更
0.7.0メタデータを設定するAppleScriptインターフェースを追加
0.7.0環境設定画面によりサンプルフレーム長を設定できる機能を追加
0.7.0ネットワーク接続に関する処理を変更
0.6.2ネットワークの通信異常に対する回復処理を追加し、関連するメッセージ表示を変更
0.6.1ビットレートモードが可変の場合ビットレートに代えてクオリティで指定するよう変更
0.6.0MP3ストリーミングのメタデータの曲名に任意の文字列を表示させる機能を追加
0.6.0音声処理のレイテンシーの調整方法を変更
0.6.0入力の音声レベルをデフォルトで増加(+6dB)させる処理を追加
0.5.7モノラル出力デバイスに対するボリューム関連の処理を修正
0.5.6ライブラリlibvorbisをバージョン1.1.2からバージョン1.2.0に変更
0.5.6AudacityのLAME MP3ライブラリパッケージの内容変更に対応してReadMeを修正
0.5.5ストリームメタデータ(タイトル)に"LadioCast <バージョン番号>"文字列を設定
0.5.5関連URLに使用する文字コードをUTF-8固定から文字セットの値に従うように変更
0.5.4出力デバイスのボリュームレベルを表示
0.5.4音声処理のレイテンシーを短かくするよう調整
0.5.3入力デバイスとの同期ずれを修正する処理を追加
0.5.2スルーをオフにした時にノイズが残る問題に対処
0.5.1入力デバイスを不使用(N/A)に設定できるよう変更
0.5.1レベルメーター表示を改良
0.5.0入力デバイス数を1つ増やし3つに変更
0.5.0スルー機能(入力デバイスと出力デバイスを単純結線する機能)を別途追加
0.5.0名称をMacLadioCastからLadioCastに変更
0.5.0レベルメーター表示色を変更
0.5.0細かいバグ修正と改良
0.4.1レベルメーター表示、接続状況表示を改良
0.4.0放送設定をファイルとして名前を付けて保存できるよう機能追加
0.4.0起動後に追加されたサウンドデバイスも選択できるよう対応
0.4.0サンプルレートが44100Hz以外の出力デバイスをリストで選択不可に変更
0.4.0出力ボリューム上下時にミュートも解除するよう修正
0.4.0接続中にソフトウェアを終了させた場合に接続を正常終了させる処理を追加
0.3.1配布パッケージにドキュメント ReadMe.jp, ChangeLog.jpを添付
0.3.1デバイスIDが変更された場合に起動できなくなるバグに対処
0.3.1レベルメーターの色をより黄色に変更
0.3.1接続中のデータ表示方法を改良
0.3.0Lame MP3ライブラリをエンコーディング時にリンクするようになった
0.2.2細かいバグ修正
0.2.2エンコーディングにビットレートモードを指定できるようになった
0.2.2接続後の経過時間、送信kbytesを表示するようになった
0.2.1出力デバイスの音量をMacLadioCast上で調節できるようになった
0.2.1出力ボリュームの値は保存せず毎回0で起動するようにした
0.2.1AUGraphUpdate() = -10863 (kAUGraphErr_CannotDoInCurrentContext)を例外からエラーログのみにとどめてみた
0.2.0エンコーディングフォーマットにOgg Vorbisを追加
0.2.0エンコーディングサンプルレートを選択可能に変更(Auto,44100,22050,11025)
0.2.0内部lame mp3エンコーディング失敗時でも放送を継続できるよう修正(エラーログ出力)
0.2.0クローズされたメインウィンドウを Dock のアイコンをクリックすることで表示
0.2.0ポート番号、ビットレートに改めて入力文字バリデーションを追加
0.2.0アプリケーション終了時に最終変更フィールドが反映されない場合があるのを修正
0.1.2ビットレート、ポート番号を変更して「接続する」を押下すると接続できなくなる(エラーメッセージ -[NSCFNumber UTF8String]: selector not recognized)バグの修正
0.1.1一般公開